イーコラム

「パンゲア大陸」

超大陸パンゲアと古生物との関係・・・
イーコラム_地球と生物の不思議パンゲア大陸


超大陸パンゲアとは?


約2億5000万年前の地表は、1つの超大陸と1つの超大洋だけであったと考えられています。
1つの超大陸とは現在の6大陸であるユーラシア大陸、アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、オーストラリア大陸、南極大陸が1つに繋がった巨大な大陸であったと考えられる事から、ギリシャ語で全ての陸地を意味する「パンゲア大陸(Pangea)」と呼び、一方の超大洋をギリシャ語で全ての海を意味する「パンサラッサ海(Panthalassa)」と呼びます。


また、「パンゲア大陸」という言葉は、ドイツの気象学者アルフレッド・ウェゲナー(1880〜1930)が、1912年に提唱した「大陸移動説」に基づきます。
1910年。世界地図を見ていたウェゲナーは、(左図の赤色部分のように)南アメリカ大陸の東海岸と、アフリカ大陸の西海岸が、「ジグソーパズルのように合わさるのではないか?」と注目した事から、大陸移動説を着想しています。
元地図:「白地図、世界地図、日本地図が無料」様
作成:イーコラム




パンゲア大陸の分裂


超大陸パンゲアが約2億年前に分裂を始めた事によって、現在の6大陸と3大洋(太平洋、大西洋、インド洋)を構成するに至っていると考えられています。
パンゲア大陸の分裂
元画像:「Welcome to the USGS - U.S. Geological Survey」様
GIFアニメーション作成:「イーコラム」


尚、上のGIFアニメはパンゲア大陸の分裂の時期を2億2500万年前〜2億年前とする設定になっています。
以下は、上のGIFアニメに対する概略です・・・。

2億年前〜1億年前
約2億年前に超大陸パンゲアは、北側の「ローラシア大陸(Laurasia)」と南側の「ゴンドワナ大陸(Gondwana)」に分離します。
ローラシア大陸には現在の北アメリカ大陸とユーラシア大陸が含まれ、ゴンドワナ大陸には現在のアフリカ大陸、インド亜大陸、南アメリカ大陸、オーストラリア大陸、南極大陸が含まれていました。
また、ローラシア大陸とゴンドワナ大陸との間の海域は「テチス海(古地中海)」と呼ばれています。
* 詳細は当サイト「テチス海」で書いています。


その後、ローラシア大陸は「北アメリカ大陸」と「ユーラシア大陸」の2つに分離され始めますが、完全に分離したのは8000万年前〜7000万年前であるとされます。
史上最大の肉食恐竜として知られる「ティラノサウルス・レックス(体長11〜13m、体重5〜6t)」は白亜紀末(約6500万年前)に絶滅し、その化石は北アメリカから発見されていますが、初期のティラノサウルス類の化石が中国、日本、タイ、ヨーロッパなどから発見されている事から、「ティラノサウルス類の起源はユーラシアであり、8000万年前〜7000万年前までに、陸続きであった北アメリカに移動してティラノサウルス・レックスとして進化した」とする見解があります。

一方のゴンドワナ大陸では、西ゴンドワナ大陸(アフリカ大陸、南アメリカ大陸)と東ゴンドワナ大陸(インド亜大陸、南極大陸、オーストラリア大陸)の2つに分離したうえで、約1億年前〜8000万年前までには西ゴンドワナ大陸はアフリカ大陸と南アメリカ大陸に分離し、東ゴンドワナ大陸の中ではインド亜大陸が分離します。南アメリカは西進し、インド亜大陸は北上します。

1億年前〜現在
約6500万年前〜4000万年前までには南極大陸とオーストラリア大陸が分離します。
北上を続けたインド亜大陸は約4000万年前にユーラシア大陸と衝突し、テチス海はほぼ消滅したと考えられています。
また、ユーラシア大陸から分離した北アメリカ大陸と、アフリカ大陸から分離した南アメリカ大陸は、約300万年前に形成されたパナマ陸橋によって、陸続きになったと考えられています。

現在の超大陸
「超大陸」という言葉の定義はありませんが、一般的には「複数の大陸の集合体」としてみなされる事が多いようです。
そういう意味では、現在の北アメリカ大陸と南アメリカ大陸は超大陸であり、「アメリカ大陸」と呼ばれます。
同様に、ユーラシア大陸とアフリカ大陸も超大陸であり、こちらは「アフロ・ユーラシア大陸(ユーラフラシア大陸)」と呼ばれます。



超大陸パンゲアの証人


パンゲア大陸が実在していた証拠のひとつとして、現在の南極、南アフリカ、インド、中国、ロシアなどの海を隔てた世界各地から発見される「リストロサウルス」の化石の存在が上げられています。
リストロサウルスは2本の突き出た牙をもっており、一見すると「肉食獣?」というような印象も受けますが、実際には牙や嘴(くちばし)を使って植物を掘り起こして食べる草食性の動物だったと考えられています。

リストロサウルスの画像リストロサウルス(Lystrosaurus)
生息年代:三畳紀前期
全長:1〜1.2m
リストロサウルスの想像図:画像「イーコラム」


前述のように、リストロサウルスの化石は、現在のロシア〜南極の幅広い範囲で発見されていますが、海を泳いで世界各国に拡散していったとは考えられていませんし、考えられるような体型でもありません。
その事から、2億5000万年前〜2億年前の大陸は現在の6大陸が1つに繋がった超大陸パンゲアであり、リストロサウルスは陸上を歩いて世界各国に拡散していったと考える事ができます。
つまり、リストロサウルスの化石は、超大陸パンゲアが実在した事を裏づける証人のような存在であるとされます。


画像バンゲア大陸の分裂&参考サイト:「Welcome to the USGS - U.S. Geological Survey」様
参考サイト:「西予市立城川地質館トップ > 地質フロア 2 地球の歴史」様
画像:アフリカ大陸、南アメリカ大陸 「白地図、世界地図、日本地図が無料」様
画像:リストロサウルス 「イーコラム」

2008/01/06 NEW (イーコラム) 


イーコラム_地球と生物の不思議パンゲア大陸




イーコラム・リンク集
イーコラムのカテゴリ別リンク集!

UMA、UFO、超常現象、絶滅動物
ミステリー系サイト

野生動物、コンパニオンアニマル
動物サイト

時間を忘れてハマってしまう情報サイト
雑学・個人ニュースサイト

写真、イラスト、YouTube動画紹介サイト
画像、動画系サイト


上記リンク集からランダムに紹介!
今週の Pick Up サイト


UMA/動物系総合サイト「イーコラム_地球と生物の不思議
CONTENTS
 「イーコラム」  地球と生物の不思議に関するコラムのようなコンテンツ
 「UMAコラム」 絶滅動物とUMA(未確認生物)に限定したコラムのようなコンテンツ
 「動物コラム」 現生動物に限定したコラムのようなコンテンツ
Copyright (C) 2007-,ecolmun.net,all rights reserved.